初対面

先週の土曜日、父の米寿のお祝いに、子、孫、ひ孫まで総勢24人が集合しました。

b0138430_09180560.jpg

↑ これは、父そして家族の軌跡をまとめたもので、当日プロジェクターを借りてきて皆で見ながら大笑い。
孫世代の結婚写真は綺麗でいいのだけれど、私たちの頃のは今と比べたらまるで罰ゲームで着せられたのかと言わんばかり
でも余興だと我慢いたしました。
孫たちの花束贈呈から始まり、終わりの記念写真撮影までにぎやかに楽しいひと時でした。
孫のお嫁さんや婿さんにとっては初対面の人もあり決して楽しいばかりの席ではなかったろうに、いつも声をかけると
集まってくれることに感謝です。

ということは、うちのまごまごコンビも帰ってきたわけで、ゆずちゃんと初対面!

b0138430_09381432.jpg
どうです、孫の嬉しそうな笑顔と対照的なゆずの嫌な顔・・・。
SO様は3歳になられたので、嫌がってるからそれ以上近づかないでね、がわかるのですが
最近保育園で覚えてきた「キャ~モンベイビイ~アメリキャ~♪」を歌って踊るのでその振動にゆずは・・・。

YU様にいたっては、まだ10カ月、同じ四足同士がうれしいのか突進あるのみ!
b0138430_09413629.jpg
ママ、止めるのに一苦労でありました。
ゆずさんにとっても我慢を強いられる2日間だったと思います。
b0138430_09433697.jpg
孫たちが帰った後、初めて自分のベットにおしっこをしました、しかも代えたばかりの新しいベットにも
もう一度!!
よほどのストレスだったのか?はたまたゆずさん精一杯の抵抗か?
言葉を話せないのでわからないけど、嫌だったことは間違いないよね。
しかし、年末にまた帰ってくるよ、ごめんねゆず。


米寿の祝いをしたその日、すぐ近所の私よりまだ7つも若い人が亡くなりました。
まだ52歳でした。
告別式にも参列させていただきましたが、こんなに悲しいことはありません。
人の寿命は誰にもわかりません、こんなときいつも思い浮かぶのが
「明日死ぬと思って生きなさい。永遠に生きると思って学びなさい」マハトマ・ガンジーの言葉です。
健康だと思っていてもいつどんな災難に襲われるかわかりません。
今日を大切に、毎日悔いなく、二度と戻らないこの時間を大切に使わなくては。
健康であることに感謝!
来年還暦だ!


[PR]
# by sskinako | 2018-12-05 10:06 | まごまご | Comments(0)

長いお留守番

まだ真っ暗でお星様も出てる朝5時に散歩して
b0138430_09335896.jpg

お出かけしたのは手話サークルの旅行
淡路島にある「ふくろうの里」
ここは聴覚障害のある方、盲ろうの方、視覚障害のある方などさまざまな障害のある方も多く入所されている特養老人ホームです。
b0138430_09402839.jpg

職員の方も手話の出来る方がたくさんおられます。

全国に老人ホームは沢山あれど、聴覚障害者に対応できるホームは5箇所ほどしかないのだとか

2003年の長崎平和記念式典において、ろうあ者として初めて被爆者代表に選ばれ「平和への誓い」を手話で読み上げた山崎栄子さんもここにおられた。
長崎に帰りたいが、施設がないからということだった。
もちろん滋賀にもない。ここ「ふくろうの里」も長い年月をかけ五億という資金を寄付をつのるなどしてやっと完成したとのこと。
b0138430_17284802.jpg

どこかの社長さんは毎年何十億ももらっておられたんだとか、本当はもっともらう予定なのにもらってないことになってて世間をお騒がせ中。
私のような無収入生活庶民は「ほんなぎょうさんのお金どうしはるんやろ?」と疑問だし、そんなにあるなら1ヶ月分でいいから寄付してくれよと思ってしまう。

アークの篠山に建設中の新しい施設も早く完成してほしいが、暖かい善意の寄付が頼りだから、一朝一夕にはできない。

b0138430_17324498.jpg

この篠山で毎年行われるアーク同窓会に、いつの日かゆずを連れて行けたらなぁ
と話があちこちなってしまったが、淡路島では淡路牛を頂きました
b0138430_17373920.jpg

柔らかくて美味しゅうございました。
b0138430_17383107.jpg

この橋が吊り橋だなんて、凄いもん作りまんなぁ~❗と感心しながら帰ってきました。

どうしてるかな?大丈夫かな?と何度か電話をしようかと思ったのですが「泣いてる」と聞かされても帰れるわけでもないし我慢しておりました。
帰ってきたらベットに座っておりました!!

b0138430_17451651.jpg

本当に少しずつではありますが、成長してくれております!
[PR]
# by sskinako | 2018-11-27 09:32 | おでかけ | Comments(0)

2ヶ月経ちました

ゆずが我が家にやってきて2ヶ月になりました。
先日のクリちゃんの命日には、まさかこの日に新しいワンコさんが家族になっているなんて
全く想像してなかったのに縁とは不思議なものだと感じました。

つい先日も友達とゆずのことを話しているとき
「なんでまた、そんなにあちこち具合の悪い子引き取ったかねぇ」と言われてしまいましたが
ゆずに一目惚れしてしまったんだから仕方ない、ゆずと巡り会う運命だったのでしょう。

来た頃のお散歩は暑くもなく寒くもなく最高のコンディションでしたが、11月も終わりに近づいてくると
6時でやっとうっすら明るくなってくるくらい

b0138430_14584397.jpg

寒さも体にしみるようになってきましたが、ゆずは元気に歩きます。
足が悪いことを忘れるくらいお散歩大好きです。

ゆずがARKに引き取られるまでの7~8年間どんな生活を送っていたのかわかりませんが
ゆずの足の爪はとても長く伸びてしまっていて、血管も伸びているので伸びた爪を切って
やることができません。なのでたまに散歩中つまずくことがあります。多分爪が何かに
ひっかかったりするのだと思います。
ゆずくらいの体型の犬ならば普通のお散歩で爪はほとんど削れてしまうと思います。
クリちゃんは親指だけは切っていましたが、他の指はほぼ伸びることはありませんでした
(体重が重いせいもあるかもしれないが)

b0138430_15102496.jpg
ゆず、お散歩してたのかな?早くて写真が追いつけないくらい元気にお散歩するのにね。

分離不安も少~~~しずつ進歩してきました。
まず、同じ部屋で寝ていましたが、トレーナーさんの指示の通り毎日少しずつ本当に
10㎝づつくらい布団を離していって、三日目には隣の部屋にその5日後には
その隣の部屋まで進み2週間前にはついに寝室まで移動することができました。
それでも移動したその日には1~2回、私が寝ているか確認しにきていたのに、
ここ数日はそれもなくなりだいたいお風呂に行っている時から寝てしまっている
ことが多くなりました。

そのようにトイレやお風呂、そして寝室とクリアしていったゆずですが、昼間私が買い物に出かけたり
すると寝ていることができませんでした。ずっと部屋の中をウロウロして待っているのです。

ですが!
昨日買い物に行った時、行く前は起きて「いってらっしゃい」していたのに
帰ってきたら寝ているではないかっ!!


b0138430_15261016.jpg
やったぁ~!!ゆずぅ!!
お母さんがいなくても寝て待っていられたんだね!
この時の感動といったら(;_;)嬉し泣きしそうでした。
それからは「あれ?またどこか行くつもりやな?」というように見てはいても
そのまま動かずにまた寝てしまうということが少しずつ増えてきたように思います。
ゆっくりでいいから、少しずつ前に進もう!
ゆず♡♡♪♪


[PR]
# by sskinako | 2018-11-23 10:43 | 犬・猫 | Comments(0)

クリちゃん

今日はクリちゃんの命日。
b0138430_14014376.jpg

日記を読み返してみると
前日までの私は今日死んでしまうなどつゆほど思わず
どうしてやれば、楽にしてやれるのか、この苦しみを取り除いてやれるのか無い知恵を振り絞っておりました。

そして、最後の介護の日々を思うときいつも思うのが
「この日がわかっていたなら」ということ。
b0138430_14092225.jpg

お婆さんを見ていると、人間は最後子供に返っていくのかなぁと感じます。
デイサービスはまさに大人の保育園だし、最後は動けなくなって天国へ召されていくような。
子育てはどんなに悩んだり苦労が多くあったとしても、先が見えてます。オムツだって遅かれ早かれしなくなり、小学校にもなれば自分のことは大概出来るようになる。
そこまでたったの7年間。

でも介護は先が見えないから大変とよく言われます
b0138430_14183928.jpg

お婆さんは認知症と診断されて5年ですが、デイサービスもありますし、自分のことは多少支援してやればできるので介護しているというほどでもありません。
それでも時々「いつまで続くのかなぁ」と思うことはあります。
b0138430_14253156.jpg

でもクリちゃんの時は全く思いませんでした。
1日でも長く一緒にいたいという思いだけだったと思います。
この時がわかっていたなら、ああもしてやりたかった、こうもしてやりたかった、ずっと24時間抱いていたかったなどと思うばかりです。
本当に何度「この日がわかっていたら」と思ったかしれません。
犬にはどんなことでもしてやれるのに、なんで親にはしてやれないんだろう。
不思議だわぁ・・・って私は親不孝ということか

b0138430_14461077.jpg
クリちゃん、おばあちゃんはゆずちゃんのことクリちゃんって呼んでます。聞こえてる?
おばあちゃんにとっての犬は全部クリちゃんなんだよね。
これからも、おばあちゃんのこと、ゆずちゃんのこと見守っていてね。


[PR]
# by sskinako | 2018-11-19 14:52 | 犬・猫 | Comments(0)

「すべらん」ように

隣の公園の樹木の伐採が始まった
b0138430_13275315.jpg

十数年前にこの公園が作られたとき「緑は残さなければいけない」とお役所のお兄ちゃんが言うから残した背の高い木が、台風や大雨の度にバタバタ倒れる被害が発生。
この度やっと適当な高さまで切ってくれることになったのだ。

これまで、倒れそうな木を、ワイヤーロープで固定したりしてあって、クリちゃんとの散歩の時も何度足をひかけそうになったり、ぶつかりそうになったことか。

そしてこれからの時期は落ち葉の量が半端なくて、これも少しはマシになるでしょう。

小春日和の好天だったので、ワックスをかけました。
b0138430_14071752.jpg


去年は二匹の介護生活だったのでかけずじまい。
ゆずは足が悪いから、本当なら滑らない床に張り替えてやりたいのは山々だが、無収入生活の身にはなかなかそれもかなわず
とりあえずは、これ。
わんわんすべらん
b0138430_14075966.jpg
これは、普通のワックスより簡単で素人でもあまりムラなく塗れるので気に入っています。
しかし、毎年ならワンコは2階で待機させていたのですが、2階に上がれないゆずは庭で待機
乾くまでの間は私の草むしりを見学しながら待ってもらいましたが、伐採の様子がとても
興味津津なゆずでした。

午前中ずっとウロウロして疲れたのか午後は爆睡の
ゆずさんでした
b0138430_14360854.jpg

[PR]
# by sskinako | 2018-11-15 13:26 | 犬・猫 | Comments(0)

ARKからやってきた新しいワンコゆずとの暮らし


by sskinako
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る