<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

その後のその後

点滴と注射の効果はテキメン!

b0138430_19414578.jpg


起き出して、ご飯の催促。

久しぶりにウンチも出ました。


大好きなおやつも食べて満足な様子。
b0138430_19414911.jpg


まだまだ、元気でいてくれるよね。


SOくんは今日で5ヶ月になりました。
b0138430_19560664.jpg


寝返りも出来るようになりました。
b0138430_19561078.jpg



一緒に遊べる日まで元気でいようね。
b0138430_20004400.jpg


[PR]
by sskinako | 2016-03-16 19:38 | 犬・猫 | Comments(0)

その後

7日に診察を受けてから2日間は、しっかりご飯を食べたももさんでしたが、その後水以外のものは口にしなくなってしまいました。
b0138430_08270900.jpg


何か食べさせなくてはと、ありとあらゆるフードを買ってきたものの

b0138430_08271294.jpg
b0138430_08315227.jpg


全て顔を背けてしまい
b0138430_08315603.jpg

その全ては、華クリのお腹へと消えていく始末
b0138430_08315929.jpg

ももちゃんこんなに美味しいもの、食べないんですかぁ
b0138430_08320252.jpg

にゃにゃ?誕生日でもないのに、豪華ですにゃ

食べなくなって4日目、もう明日は病院に連れて行こう!と思ったのですが
あんなに病院嫌いのももを連れていって延命するのは私の身勝手な思いなのか?
でも、このまま食べずに死んでしまっていいのか?の狭間で一晩葛藤することに。
b0138430_08525674.jpg


結局
まだ、ももと別れたくない!
一緒にいたいっ!!という気持ちが勝ってしまい、昨日病院で栄養の点滴と注射をしてもらい貧血のお薬をもらって帰ってきました。

お薬のおかげか、昨夜は牛肉を一切れ完食してくれ、今朝は華ちゃんの常備食カルカンスープ仕立てを3分の1くらい食べてくれました。
b0138430_08525931.jpg

これは、5日間の絶食中唯一舐めてくれたものだったから

あんなに大好きだったジャーキーも全く食べませんでしたが、昨日は久しぶりに少し食べることが出来ました。



食べないってことは、もう虹の橋を渡ろうとしてるんだよ、自然にまかせたら?と言ってくれる友人もいます。

いつかは別れなくてはならないのだ、看取ってやらなくてはならないのだ、その通りなのかもしれないとわかっているんだけど…。

当分、この葛藤は続きそう…。
b0138430_09064557.jpg



[PR]
by sskinako | 2016-03-16 08:19 | 犬・猫 | Comments(0)

がん告知

2月5日に15歳の誕生日を迎えたももさんですが、昨年10月には緑内障を発症、毎月一度の定期健診がかかせなくなりました。
b0138430_15083893.jpg


ボンレスハムと呼ばれるほどのデブチワワで
MAX体重は4.5kgあったことも。
b0138430_15084381.jpg


それが、毎月の定期健診のたび体重が減少
4.4kgが3.8kgに年末には3.6kgだったのが年を越して3.1kgに。
b0138430_15084961.jpg

SAのドッグランにて

血液検査、レントゲン、エコーの結果、お腹に悪性の腫瘍が見つかりました。
b0138430_15085537.jpg


痩せ方があまりにも激しかったので、多分そうなんだろうな、と覚悟はしていましたが。
b0138430_15090473.jpg

お兄ちゃんのアパートにて


今日の体重は2.9kg。少し前まで、パッツンパッツンでキチキチだったお洋服がブカブカになってしまいました。
b0138430_15161470.jpg


華が最近いつも桃のそばに居ることが増え、ももの体を舐めていることもありました。
病気をかぎ分ける犬がいますが、動物は少なからず、そんな力を持っているのかもしれませんね。

b0138430_15271205.jpg

散歩は相変わらず大好きで、喜んで行きますし、ご飯も食べてくれます。
見ている限り苦しい痛みなども無いようですので、抗がん剤治療や、回復手術などするつもりはありません。
放射線も当てられない場所らしいです。

初めから、治療は最低限しかしないと決めていました。1日でも長くいてほしいのは当たり前ですが、病院は大嫌いですし、そこで、麻酔をかけられたりお腹を切られたり入院したり、何故こんなことをされるのかわからない桃にはストレスでしかないでしょうし、たとえ、残された時間が少なくなっても、家族と一秒でも一緒のほうが幸せな気がして。

たとえ、それが私の勝手な思い込みであったとしても、ももは許してくれると思うから。

10月にSOくんという強敵が突然現れて、お母さんの愛情を半分以上とられちゃったことも起因してるのかな?
b0138430_16300743.jpg

4月になったら、ミニ怪獣はいなくなるよ、
もう少しの辛抱だからね。


クリさんは相変わらず元気です。
b0138430_16381445.jpg

何故か、SOくんをなめまわし、SOくんママに汚ちゃない!と叱られてます(;_;)

[PR]
by sskinako | 2016-03-07 14:31 | 犬・猫 | Comments(4)


捨て猫、チワワ、保護イヌと暮らしています


by sskinako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

ぐうたらねこさんへ 昨夜..
by sskinako at 10:26
ゲージの中のクリちゃまの..
by ぐうたらねこ at 21:14
ぐうたらねこさんへ きま..
by sskinako at 19:17
あたしゃ、コブクロライヴ..
by ぐうたらねこ at 17:54
後れ馳せながら、ありがと..
by sskinako at 19:36

ブログパーツ

検索

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
まさにここが桃源郷
from ミステリな日常
秋の無謀クッキング
from ミステリな日常

ファン

ブログジャンル